第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

大会6日目・3月24日

 

 

大会6日目、第2試合を地方大会の成績と共に徹底予想

 

 

市呉(広島)対 履正社(大阪)

 

勝敗予想

初戦を乱打戦で制した市呉対、初戦を僅差でモノにした履正社との2回戦。

履正社は初回、先頭の石田が初球打ちでレフト前に運ぶと、2番西山がキッチリ送り0アウトランナー2塁で打席には3番安田。カウント2-2から高めに浮いた変化球を叩いてレフトスタンドに一直線!日大三戦で0ヒットだったうっぷんをここで晴らす。

2-0

初回にリードをもらった先発・竹田は3回まで打者9人のパーフェクトピッチング。

中盤、2アウトから4番若林の2ベースヒット、続く浜内も2ベースヒットなど打線を繋いで更に2点追加。4-0

竹田は6回終わって四球で1人出したもののノーヒットノーラン中。

8回。市呉は先頭の青木が四球で出塁すると、続く西岡のバスターエンドランが決まり、打球は1,2塁間を破りライト前へ。ライト前一気に3塁まで到達。

市呉これが初安打。0アウト1,3塁の場面で打席には上垣内。ここは三振に打ち取るがその間に1塁ランナーが2塁へ盗塁。

1アウトランナー2,3塁。打席にはピッチャー池田。カウント1-1から内角の直球、詰まった当たりはセカンドの頭上を越えるポテンヒット。3塁ランナー帰って2塁ランナーもホームを狙うがセンター筒井の好返球でタッチアウト。反撃はここまでで最後も竹田が締めてゲームセット。

4-1で履正社の勝利。

 

チームデータ市呉(9-5:至学館)

1年秋からエースナンバーの池田吏輝が勝敗のカギ。球速は130km/h中盤、スライダーとチェンジアップを操る。

投手:エース池田を中心に、球速が140km/h近い高松とサイドハンドの永田が控える。

打線:どの打者もセンターを中心に転がす徹底された打線。更にスクイズ等、相手を揺さぶる細かい攻撃も特徴。

特徴:指揮官からの命令系統がスムーズで小粒の集まりながらもスモールベースボールの徹底が勝利を運ぶ。

総合17位

打率.303(11位)、出塁率.361(19位)、盗塁率10.42%(7位)、防御率5.55(31位)、平均得点5,50(12位)

 

 

 

チームデータ履正社(2-1:日大三)

投手:オーバーハンドの右腕・竹田が1枚看板でマウンドを守る。ストレートとスライダーのキレには高い定評があり、神宮大会で最速145km/hをマーク

打線:高校通算44本塁打の3番・安田尚憲。4番キャプテン若林を筆頭に近畿大会は4試合で29得点、神宮大会も4試合で28得点と1試合平均7得点以上。近畿大会、神宮大会共に決勝戦での大量得点が目立つぐらい、特に大舞台になるとその重量打線が開花する。

見所:投打のバランスがかなり高い水準にある履正社。チームとしての完成度は32校中NO.1。特に重圧感のある打線は対する投手の神経をすり減らす。エースの竹田も神宮大会制覇で全国の的となったが、そこを乗り越えられるかが優勝への鍵。
総合10位

打率.298(15位)、出塁率.392(11位)、盗塁率0.98%(27位)、防御率2.40(9位)、平均得点7(6位)

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎