第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

大会7日目・3月25日

 

 

大会7日目・第1試合を地方大会の成績と共に徹底予想

 

 

報徳学園(兵庫)対 前橋育英(群馬)

 

勝敗予想

初戦を8-2と大勝した地元兵庫の報徳学園対、中村のエース北原から12奪三振を奪われながらも故障によりエース不在の中3-1と辛勝した前橋育英の一戦。

前橋育英は初戦に先発した皆川をこの試合も先発起用。競った試合をモノにしたことが自信になったか、皆川は前半から三振の山を築き5回終わって被安打2、四死球1、奪三振7、無失点の好投。

一方、報徳学園先発はこの日も西垣。初回から前橋育英打線に変化球を狙われ自分の投球をさせて貰えない。3回に警戒しすぎた先頭の丸山を歩かせ続く飯塚の送りバントを西垣が2塁を狙いフィルダースチョイス。0アウトランナー1,2塁とピンチを広げる。

3番戸部が送りバントで1アウト2,3塁とするが4番飯島はファーストファールフライ。

2アウト2,3塁から5番投手皆川にライト前ヒットが飛び出し2塁ランナーも生還。2-0と前橋育英がリード。その後も2点を追加し4-0と前橋育英が主導権を握る。

気を良くした皆川は7回まで投げて被安打4、四死球2、奪三振10、無失点の快投でマウンドを丸山に託す。2イニングを預かった丸山は立ち上がりから飛ばし自己最速の146km/hをマーク。

9回に先頭小園がヒットで出塁し、代打で繋いで4番神頭が小園を帰し、1点返すが反撃はここまで。

4-1で前橋育英の勝利。

 

チームデータ報徳学園(8-2:多治見)

 

注目選手

小園海斗

50m5秒9の快足、遠投105mの強肩と既に超高校級の片鱗を見せている。

1年春から主戦で活躍し、夏までに25打数10安打、打率4割。高校通算3本塁打で立派な報徳学園の切り込み隊長として活躍中。

軽快な守備と勘のいい走塁も特徴だが1番の特徴は広角に打ち分けられるシャープなバッティング。近畿大会では無三振だったことからバットコントロールの良さも光る。

名門・牧方ボーイズ出身でU-15代表選手としてアジア制覇を経験。小学生時代の宝塚リトルとU-15代表メンバーでは早稲田実4番の野村とチームメイト。

 

神頭勇介

178cm75kgと恵まれた体格で新チームの5番ファーストを任される。近畿大会では5打数2安打、打率4割、出塁率5割と選球眼と打撃勘のいい好打者。

名門・牧方ボーイズ出身でU-15代表のキャプテンとしてアジア制覇をチームメイト小園と経験。早稲田実・野村も捕手として代表メンバーだったが、正捕手で4番を勝ち取ったのは神頭である。

 

総合22位

打率.290(17位)、出塁率.343(22位)、盗塁率8.7%(12位)、防御率4.00(25位)、平均得点4,50(22位タイ)

 

 

チームデータ前橋育英(3-1:中村)

特徴:前橋育英、自慢の140km/hトリオは先発、MAX142km/hの快速球を誇る右腕・吉沢、(故障によりメンバー外)中継ぎエースの左腕・丸山もMAX143km/h。関東大会3試合全てにリリーフで15イニング無失点。共にスライダーとチェンジアップの変化球を持つ。今回関東大会での登板はなかったが、3番手の皆川もMAX142km/hの直球を持つ。

打線の方も中心は50m 5秒9の快足を誇る1番の丸山と、初戦で2ラン、準々決勝で貴重な2点二塁打を放った3番戸部魁斗。クリーンナップを組む戸部、飯島大夢、皆川喬涼の右打線には重量感がある。

 

総合27位

打率.300(12位タイ)、出塁率.340(23位)、盗塁率0.00%(28位タイ)、防御率 4.333(27位) 、平均得点4,00(24位タイ)

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎