第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

大会8日目・3月26日

 

 

8日目・第2試合を地方大会の成績と共に徹底予想

 

 

神戸国際大附属(兵庫)対 早稲田実(東京)

 

勝敗予想

今大会初めての延長戦を披露した神戸国際大附属。2-1の接戦を制しての2回戦。相手は強打の早稲田実。エース黒田のマウンド裁きに注目。

対する早稲田実は優勝候補同士の対決を制した1回戦。9-8の乱打戦を競り勝ち、4番野村には2本の本塁打も飛び出した。

投手戦か、打ち合いか。

技巧派投手戦を研究して挑んだ早実だが、そこはマウンド度胸のいい黒田は簡単には打たせない。緩急、制球力、間合い、思い切り、全てを駆使して早実打線を抑えていく。

一方、早実先発の中川も安定の投球。低めにボールを集めて打たせて取っていく。

前半を0-0で折り返した6回。今大会3本目となる4番野村が先制2ランホームランを放つ。

均衡が破られた7回には神戸国際大附属の4番猪田にも一発が飛び出し、2-1。

空中戦になるかと思われたこの試合はこのまま2-1で9回を迎える。

9回表、神戸国際大附属の先頭、3番片岡が四球で出塁するが、4番猪田は空振り三振。続く北山はライト前ヒットで1アウト1,3塁。6番大丸のレフトへの犠牲フライで同点とし、延長に望みを託す。

しかし、その裏早実6番雪山が1アウトから内野のエラーで出塁。7番橘内が送りバントを決めて2アウトランナー2塁。

ここでこの試合1人で投げてきた中川に代打亀井が送られる。フルカウントからの6球目をレフト前に運び2塁ランナーはホームを狙う!

バックホームされるが僅かに及ばず2塁ランナー生還しサヨナラ。

3-2で早稲田実の勝利。

 

チームデータ神戸国際大附属(2-1:東海大福岡)

 

特徴

エース左腕・黒田倭人。直球は130〜130km/h中盤だが、最大の武器は120〜120km/h中盤の高速スライダーで空振りも取れる。何よりも注目は黒田の非常に落ち着いたマウンド度胸がチームに勝ち運を運ぶ。

そして近畿大会、決勝、準決勝と先発したMAX138km/h右腕・岡野佑大の2枚看板が新チームで奮起する。

攻撃陣はプロ注目捕手2年夏から4番に座る猪田和希を軸に県大会5試合で26得点、近畿大会4試合で計40安打27得点と猛打を振るう。更に近畿大会では4試合で4個という三振の少なさも目立つ。

圧巻は近畿大会準決勝、大阪桐蔭戦で初回に猪田の2ラン本塁打で先制するもじわりじわりと逆転を許した9回表、2-3から代打谷口(1年生)の同点本塁打の後、片岡の2ラン本塁打で勝ち越し。3人の本塁打で試合を決めた。

 

総合8位タイ

打率.323(7位)、出塁率.421(5位)、盗塁率0.0%(28位タイ)、防御率3.93(22位)、平均得点8,25(1位)

 

 

チームデータ早稲田実(9-8:明徳義塾)

 

注目選手

清宮幸太郎

高校通算78本塁打左右に長距離を飛ばせる左の大砲。ミート力、長打力に定評がある。清原和博、松井秀喜の再来と謳われ、2017年最大のドラフト注目選手。

 

野村大樹

通算23本塁打。50m6秒3。左右に本塁打を打てるマルチパワーヒッター。

小学1年生から軟式野球を始め中学から大阪福島シニアに所属U-15日本代表に選ばれアジアチャレンジマッチに出場。5番・一塁手を務めた。チームメイトには報徳学園の小園海斗、神頭勇介がいる。

高校では1年夏から4番三塁手としてレギュラーの座につき夏の大会では5試合で19打数6安打打率.316、本塁打2、打点10と結果を残す。

デビュー戦で3ラン本塁打、準々決勝で三塁打、二塁打1本ずつを記録した。’16年秋季大会では都大会優勝、神宮大会準優勝に大きく貢献。都大会決勝では日大三高の櫻井周斗からライトスタンドにサヨナラ3ランを放ち、神宮では福岡大大濠の三浦銀二からタイムリー3本、打点4をマークした。

 

総合7位

打率.343(3位タイ)、出塁率.455(2位タイ)、盗塁率2.56%、(25位)防御率4.737(28位)、平均得点7,71(3位)

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎