第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

大会10日目準々決勝、第1試合の結果とこれからの展望

 

 

大会10日目・3月29日

準々決勝

 

 

第1試合

履正社(12-5:日大三、1-0:市呉)対 盛岡大付属(10-9:高岡商、5-1:智辯学園)

予想では4-1で履正社の勝利。

 

1、2回戦成績履正社

打率:.270 長打率:.353 出塁率:.387 二塁打数:4 三塁打数:1 本塁打:1 盗塁数:1

防御率:2.50 失点:5 奪三振数:15 与四死球:20

 

1、2回戦成績盛岡大付属

打率:.214 長打率:.733 出塁率:.286 二塁打数:9 三塁打数:1 本塁打:1 盗塁数:1

防御率:4.74 失点:10 奪三振数:19 与四死球:11

 

青字をクリックすると予想結果の詳細がご覧いただけます。

 

結果

先攻:履正社)竹田-片山

後攻:盛岡大付属)松浦瑞、臼井、鈴木-松田

▽本塁打:植田(盛)

▽二塁打:安田2(履)、竹田(履)、筒井(履)

 

試合経過

4回まで0-0と投手戦が続く準々決勝の第1試合。ゲームが動いたのは5回。2アウトから2番溝辺にセンター前ヒットが出ると、安田の当たりをセカンドがエラー、4番若林に四球を与え2アウト満塁。5番浜内の場面でワイルドピッチ。履正社が1点を先制。打席の浜内も四球で再び満塁。

打席には6番投手竹田。初球を叩いてレフト線に落とす痛烈な2ベースヒットで更に2点追加。3-0。

2アウト2,3塁で7番筒井が左中間を破る2ベースヒットで走者一掃。5-0。

1点を返したい盛岡大付属だが、序盤から制球力が冴える竹田は三者凡退を続け6回終わってパーフェクト。

6回にも3番安田に今日2本目となる2ベースヒットが生まれるなど1点を追加し6-0。

7回裏、先頭の植田。初球、低めのストレートを快音残してレフトスタンド中段に運ぶソロホームランを放つ。6-1。

盛岡大付属が奪えた得点はこの1点だけ。履正社は9回にも2点を追加し8-1。

エース竹田は2安打1四死球1失点完投。完璧の内容で準決勝に駒を進めた。

 

まとめ&展望

試合をこなすごとに調子を上げていく竹田はこの試合で自分の投球を確立させた。打たせて取る投球が見事にハマり凡打の山を築いた。奪三振5と豪腕振りはないが、与えた死球は1つだけ。フォアボールは1つも出さなかった。球数も92球とこの後準決勝、決勝と3連戦が続く初戦としては最高のペース配分であった。

打線も1,2回戦では3番安田は1安打、4番若林は2安打と自慢のクリーンナップが湿りがちだったが今日の安田は2本の2ベースを含む3安打と猛打賞。

神宮に続く全国2度目の制覇へ役者は揃った。

準決勝は30日第1試合 対報徳学園。

予想は3-0で履正社の勝利。

 

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎