第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

大会10日目準々決勝、第3試合の結果とこれからの展望

 

 

大会10日目・3月29日

準々決勝

 

 

第3試合

健大高崎(11-1:札幌第一、7-7:福井工大福井、<10-2:福井工大福井再試合>) 対 秀岳館(11-1:高田商、3-2:作新学院)

予想は8-5で秀岳館の勝利。

 

1、2回戦成績健大高崎

打率:.315 長打率:.300 出塁率:.396 二塁打数:5 三塁打数:4 本塁打:3 盗塁数:8

防御率:2.76 失点:10 奪三振数:30 与四死球:23

 

1、2回戦成績秀岳館

打率:.299 長打率:.350 出塁率:.356 二塁打数:4 三塁打数:2 本塁打:1 盗塁数:1

防御率:1.13 失点:1 奪三振数:10 与四死球:5

 

結果

先攻:秀岳館)川端-幸地

後攻:健大高崎)伊藤、竹本、小野-大柿

▽本塁打:木本(秀)

▽二塁打:半情(秀)、川端(秀)、渡辺2(秀)山下(健)

▽盗塁:安里2(健)、小野寺(健)、今井2(健)、山下(秀)

 

試合経過

強打同士の対決は初回、先攻秀岳館は2番竹輪がショート強襲の安打で出塁すると続く3番木本がレフトスタンド中段へ運ぶ2ランホームランで2点先制。

3回にも1アウトから半情、竹輪の作ったチャンスで木本が犠牲フライを放ち3点目。木本は2打席で3打点。

続く4回にも2アウト1,3塁から川端の2ベース、半情のライト前、渡辺の2ベースなどでこの回4点を奪い、7-0。

一方秀岳館先発の川端は5回まで回をまたいだ4者連続三振を含む8奪三振、2安打、2四球、無得点で健大高崎打線を抑え込む。

8-0で迎えた6回裏、先頭の小野寺がショートへのセーフティーバントで出塁すると盗塁、ショートゴロを1塁へ送球する間に3塁を落とし、ワイルドピッチの間にホームイン。1点を返す。

更に7回裏、1アウトから今井のセンター前ヒット、盗塁もあって2アウト2塁から大柿のレフト前で2塁ランナー生還。8-2。

9回にも1点加えた秀岳館が9-2と健大高崎を打ち崩し、川端の2失点完投で準決勝進出。

これで3期連続4強入り。

 

まとめ&展望

完投した川端は13奪三振、四死球2と、試合をこなすごとに制球力に安定感が出てきた。

打っては15安打中5本が長打と本来の持ち味を十分に発揮した一戦であった。

就任4年目に入る今年、2月に浮上した鍛治舎監督の去就問題。保護者からの嘆願書など、選抜前にバタついた秀岳館だったが、グラウンドではのびのび、イキイキとしたプレーに大人の事情など何も見えてこない。

就任3期目に訪れた全国制覇への大チャンス。投打、戦略共に隙のない秀岳館があと2勝。初の頂に手を掛ける。

準決勝は30日、第2試合 対大阪桐蔭

予想は5-1で秀岳館の勝利。

 

青字をクリックすると予想結果の詳細と、注目選手の詳細がご覧いただけます。

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎