第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

大会11日目準決勝、第1試合の結果と決勝戦の予想

 

 

大会11日目・3月30日

 

 

第1試合

履正社12-5:日大三、1-0:市呉、8-1:盛岡大付属)対 報徳学園(21-0:多治見、4-0:前橋育英、8-3:福岡大大濠)

予想は3-0で履正社の勝ち。

 

3試合の成績履正社

打率:.296 長打率:.345 出塁率:.400 二塁打数:8 三塁打数:1 本塁打:1 盗塁数:0

防御率 :2.00  失点:6 奪三振数:20 与四死球:26

 

3試合の成績報徳学園

打率:.309 長打率:.294 出塁率:.350 二塁打数:6 三塁打数:2 本塁打:2 盗塁数:3

防御率 :1.00  失点:3 奪三振数:25 与四死球:9

 

青字をクリックすると詳細がご覧いただけます。

 

結果

先攻:履正社)松井、竹田-片山

後攻:報徳学園)西垣、池上、津高-篠原

▽本塁打:安田(履)

▽二塁打:西山(履)、石田(履)、白滝(履)、小園(報)

▽盗塁:池上(報)

 

試合経過

準決勝第1試合は近畿同士の対決。初回2アウトから3番安田のライトスタンドへの弾丸ライナーの先制ソロホームランで準決勝の幕が開ける。

2回表にも先頭の5番浜内を四球で出塁。2アウトから8番西山のライトオーバーの2ベースヒットで1点追加。2-0。

その裏、報徳学園は先頭の4番篠原が内野安打で5番神頭がキッチリ送り、6番池上のセンター前ヒットをセンターが後逸。2塁ランナー帰って2-1。続く3回裏にも1番小園から3本のヒットが飛び出し1点追加。2-2の同点。

火花散るゲームは6回。5番神頭のセカンド強襲の内野安打を池上が進めて長尾がセンター前に弾き返す逆転タイムリーで3-2。報徳学園がリード。

1点ビハインドで迎えた9回代打白滝の右中間を破る2ベースヒットを皮切りに1,3塁から2番溝辺のスクイズを池上がホームを狙うがわずかに間に合わず3-3同点。ここで投手を津高にスイッチ。3番安田を歩かせて満塁とし、4番若林のライト前ヒットで更に1点追加し逆転。4-3。5番浜内がショートゴロをホームに送りホースアウト。ホームから1塁への転送を悪送球し、ランナー2人生還。この回一挙4得点の猛攻で6-3。

9回裏に報徳学園は1点奪うも、反撃はここまで6-4で履正社が2014年以来3年ぶりの決勝へ駒を進めた。

 

まとめ&展望

12安打中長打は1本とスモールベースボールの集大成のような報徳学園の試合は今大会で勇退を表明された永田監督を激励した。

履正社のような目立ったスラッガーはいないものの3人で終わらせた回はたった2回と履正社投手陣を苦しめた。投げては救援の池上が中盤をよく踏ん張り9回までリードを守ったが勝ち運は履正社に傾いた。

決勝を控えた履正社の主砲安田は初回に弾丸ライナーのホームランを放つなど覚醒。代打の神様白滝や、下位の4番と呼んでいいだろう西山の存在など盤石の態勢で決勝に望む履正社。

 

報徳学園に23年の歴史を作った永田監督がこの日を最後に指揮を終えた。永田イズムを引き継ぎ夏にまた帰ってくる報徳学園の解説を永田監督がされることを楽しみに待ちたい。

 

31日決勝は大阪桐蔭。大阪勢の対決。

予想は5-3で履正社の勝利。

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎