第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

大会5日目1回戦、第3試合の結果とこれからの展望

 

 

大会5日目・3月24日

 

 

第3試合

静岡(当確)対 不来方(岩手)

予想は2-0で静岡の勝ち。

 

注目選手

池谷蒼大(静岡)

MAX144km/h。角度の効いたストレートでねじ伏せるパワータイプ。また、自分のリズムに相手を引き込むのが上手く、マウンド捌きに定評あり。スライダー、カーブ、カットボールを操る。

注目point左打者へのインハイのストレートに注目!

 

青字をクリックすると予想結果の詳細と、注目選手の詳細がご覧いただけます。

 

 

結果

先攻:不来方)小比類巻-菊池康

後攻:静岡)池谷、春-森

▽二塁打:小比類巻(不)、藤田2(静)、稲角(静)、小柳(静)、大石(静)、成瀬(静)

▽盗塁:村松(静)、小柳(静)

 

試合経過

1回表、大会No. 1サウスポーの呼び声高い静岡のエース池谷から2番桜井がセンター前ヒットで口火を切ると4番小比類巻のセンターフェンス直撃の2ベースヒットで1点を先制。

しかし、その裏静岡の攻撃は1番村松がセンター前ヒットで出塁すると、エラー、死球でランナーを溜めて6番藤田、7番稲角の連続2ベースヒットなどもあり、打者一巡の猛攻で一挙5点奪う。

3回裏には、小比類巻が1イニングで四球を3つ出すなどして更に1点追加。6-1。

5回裏にも先頭の8番池谷が内野安打で出塁すると5本の長短打で3点追加。9-1。

8回表には池谷からマウンドを預かった春が捕まり、9番船山、1番鷹觜の連続安打が飛び出し2点を返すが、静岡は終盤にも得点を重ね、12-3。

大勝で静岡が公立校対決を制した。

 

まとめ&展望

部員数10人の不来方は初の甲子園を12-3と大敗したが、名門・静岡から9安打を放っている。部員数の少なさから打撃に重きを置き「打率9割打線」をモットーに冬を越してきた。

好投手池谷から小比類巻の初回センターフェンス直撃の2ベースヒットを含む6安打、1得点も記録し、甲子園に爪痕を残してった。

対する大会注目左腕・池谷は初回に1点を失うも7回投げて9奪三振、無四球。課題だった制球力を冬のトレーニングで下半身を強化し克服。下を中心にした投球フォームへと変わり大きく進化した。

粘り強く伸びのある快速球をコーナーに決める高校生No. 1左腕が全国の舞台で大躍進を図る。

 

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎