第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

大会6日目2回戦、第3試合の結果とこれからの展望

 

 

大会6日目・3月25日

 

 

第3試合

智辯学園(9-0:熊本工)対 盛岡大付属(10-9:高岡商)

予想は4-2で盛岡大付属の勝ち。

 

智辯学園1回戦成績

 

 

盛岡大付属1回戦成績

 

 

青字をクリックすると予想結果の詳細がご覧いただけます。

 

結果

先攻:智辯学園)松本-石田

後攻:盛岡大付属)三浦瑞-松田

▽二塁打:田渕(智)、植田(盛)、林(盛)、大里(盛)、須藤(盛)、

▽盗塁:西岡(智)

 

試合経過

昨春覇者の智辯学園は連覇を狙って2回戦。1回戦本塁打を放っている好調の4番太田。大会注目のスラッガー、1番福元にも一発が出るか?

対するこちらも猛打盛岡大付属も1回戦を延長10-9の打ち合いを制し、本塁打のあった松田にも期待がかかる。

両チーム5回終わって1安打ずつ無失点と静かな前半を終える。ゲームか動いたのは6回。2番林、3番大里の連続2ベースヒットで盛岡大付属があっさりと1点を先制。

続く7回、5番須藤の2ベースヒットからチャンスを作り、6番松田送りバント、7番臼井四球とソツのない攻撃を見せる。8番三浦の当たりをセカンドがフィルダースチョイスで追加点。このあと2本の安打が生まれこの回3得点。終盤に智辯学園を突き放す。

更に8回にも5,6,7,番に3連打も生まれ加点。5-0とする。

9回表には智辯学園が1番福元のセンター前ヒットから加堂、西岡と続いて満塁。4番太田に繋ぐが太田は三振。5番代打高塚のショートゴロで併殺崩れの間に1点を返すが、6番石田のキャッチャーファールフライでゲームセット。

5-1で盛岡大付属がベスト8進出。

 

まとめ&展望

1回戦と変わらず丁寧な投球を心がける智辯学園の松本。しかし、得意の変化球が抜ける場面が目立った。前半は制球のきく直球で力勝負。2巡目までは力負けしてた盛岡大付属打線が3巡目でその直球を捉えた。

終盤に入り、松本の直球に慣れてきた盛岡大付属打線、変化球の制球が定まらない松本の投球が終盤に大量点を生んだ。

決して松本があからさまに悪いわけではない。良くない中でもベストのピッチングができているようにも見えたが、ちょっとした隙を突いてくる盛岡大付属打線の方が一枚上手だった。

全国上位の戦い方を見事に披露してくれた。

準々決勝は28日、第1試合 対履正社

予想では4-1で履正社の勝利。

 

 

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎