第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

大会8日目2回戦、第1試合の結果とこれからの展望

 

 

大会8日目・3月27日

 

 

第1試合

秀岳館(11-1:高田商)対 作新学院(9-1:帝京五)

予想は5-4で秀岳館の勝ち。

 

秀岳館1回戦成績

 

作新学院1回戦成績

 

青字をクリックすると予想結果の詳細がご覧いただけます。

 

結果

先攻:秀岳館)田浦、川端-幸地、橋口

後攻:作新学院)大関-加藤

▽三塁打:田浦(秀)

▽二塁打:添田(作)、石戸(作)渡辺(秀)、山下2(秀)

▽盗塁:鈴木2(作)

 

試合経過

初回、先攻の作新学院が2番添田のレフト線を破る2ベースヒットでチャンスを作ると1アウトランナー3塁からワイルドピッチで添田が生還し作新学院が先制。1-0。

1点を追う秀岳館は4回裏。先頭の2番渡辺のレフト線を破る2ベースヒットでチャンスを作ると、2アウトから5番山下の左中間フェンス直撃の2ベースヒットで渡辺が帰り同点。続くピッチャー田浦がライトオーバーの3ベースヒットで山下を帰し逆転。2-1。

5回にも8番藤本がライト前ヒットで出塁すると、1番半情がヒットエンドランでライト前に打球は抜け、1,3塁とチャンス拡大。2番渡辺の併殺崩れの間に1点を追加し3-1。

その後も作新学院はエース大関が1人でマウンドを守り、再三ランナーを出すも、得点を許さず味方の反撃を待つ。

一方、秀岳館先発田浦は6回2/3、被安打4、1失点の好投。2番手川端は8回に四球でピンチを広げ3番池沢のレフト前ヒットで1点を失い、9回にも先頭の7番石戸に2ベースヒットを許し鈴木、添田に四球を与えピンチを作るが、最後は3番池田をセンターフライに打ち取りゲームセット。

ヒヤヒヤの3-2で秀岳館がベスト8進出。次の試合に勝てば3期連続ベスト4進出となる。

 

まとめ&展望

猛打の秀岳館打線を粘り強く抑えていく作新学院エース大関。8回、3失点、被安打8、奪三振2、四球1としっかりとゲームは作っていた。

対する秀岳館は2人の投手で継投し逃げ切ったが、四死球8。あと一本に泣いた一戦になった。

秀岳館2番手川端は9回に1人のランナーを背負いながら、2三振を奪い2アウトとするも2四球で満塁のピンチをつくるなど不安定さも露呈した。最速147km/hは高校生左腕最速だが、やはり力に任せたフォームは変わらずあと2試合を勝つには修正が必要な投球内容となった。

準々決勝は29日第3試合

健大高崎と福井工大福井の勝者との一戦。

 

青字をクリックすると予想結果の詳細と、注目選手の詳細がご覧いただけます。

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎