第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

大会8日目2回戦、第3試合の結果とこれからの展望

 

 

大会8日目・3月27日

 

 

第3試合

静岡(12-3:不来方)対 大阪桐蔭(11-0:宇部鴻城)

予想は5-2で静岡の勝利。

 

静岡1回戦成績

 

大阪桐蔭1回戦成績

 

結果

先攻:大阪桐蔭)横川、香川、徳山、根尾-福井

後攻:静岡)池谷、竹内-森

▽三塁打:西嶋(大)

▽二塁打:山本(大)、山田(大)、成瀬2(静)、稲角(静)

▽盗塁:藤原(大)、福井(大)、坂ノ下(大)

 

試合経過

大阪桐蔭は初回藤原のセンター前ヒット、盗塁でチャンスを作る。2番宮崎四球で0アウト1,2塁からの3番中川の送りバントを池谷が処理して3塁へ送球。これが悪送球になり、大阪桐蔭が1点先制。更に四球を出して0アウトフルベース。打席には5番根尾。レフトへの議席フライで2点目。6番山田、7番福井、9番横川にもヒットが飛び出し初回から6点を先制。

6点を追う静岡は1番村松を四球で出塁。2番、3番は送りバントをするもミスが続き0アウト満塁。4番成瀬が左中間を破る2ベースヒットで走者一掃。6-3と詰め寄る。

更に1アウトランナー3塁から6番藤田が1,2塁間破って4点目。続く7番稲角、カウント1-2のところでピッチャーをかがわにスイッチ。香川の初球を左中間真っ二つの2ベースヒットにして5点目、9番小柳もライト前に運び6点目同点。6-6で試合が幕を開ける。

2回裏から大阪桐蔭は3人目エース徳山をマウンドに送る。3番大石四球、4番成瀬が1打席目に続き2本目のセンターオーバーの2ベースヒットで0アウト2,3 塁とチャンス拡大。5番森がライト前に運び1点追加。7-6。

ここからゲームはこう着状態、7-6と静岡リードで7回裏、静岡は4番成瀬が四球で出塁。ボークで2塁へと進塁。5番森のピッチャーゴロをフィルダースチョイスで0アウト1,3塁。6番藤田のライト前ヒットで8点目。

2点ビハインドの8回、先頭の5番根尾のレフト前ヒット、続く6番山田もレフト前、7番福井の送りバントに内野のミスが重なり7-8。8番坂ノ下のレフト前ヒットで8-8。更に代打西嶋の右中間を破る3ベースヒットで逆転9-8。

逆転した大阪桐蔭のマウンドは8回から根尾。ランナーを背負いながらも2イニングを無失点。

9回表にもら3番中川から4連打が生まれこの回も2得点。

11-8と静岡を下した大阪桐蔭がベスト8進出。

 

まとめ&展望

投手4人を送り出した大阪桐蔭。どの投手も140km/hを超える速球を操る投手層の厚さはこの時期にしては異例。ただ、唯一計算のつく投入が出来るのはエース徳山だけだろう。荒削りで伸び代のある先発横川は投げるボールは一級品だが、1つミスを出せばズルズルと引きずるメンタルの弱さが課題。フィールディングにも甘さがあり、エースとよぶにはまだ甘すぎる。4番手注目の根尾はこの日最速は145km/h。2年の春でこの球速は将来性があるが、やはり野手向きか?体の使い方などはソフトバンクの今宮選手に近い感じがする。スライダーも切れ味鋭いが、制球力に難があり、やはり安定感に欠ける。

静岡エースの池谷は最後までいい表情だった。乱打戦にはなったが8 1/3回を奪三振7、四球2と、秋の頃とは比べものにならないぐらい制球力が増している。2回以降直球中心で大阪桐蔭打線を7回まで押さえ込んだあたり、直球の球威も増している。変化球の精度に課題は見つかったが、下半身主導の投球に進化しているところを見ると次の夏に向けての進化に大きく期待が持てる。

非常に見応えのある一戦になった。

準々決勝は29日第4試合 対東海大福岡。

予想は7-2で大阪桐蔭の勝利。

 

青字をクリックすると予想結果の詳細と、注目選手の詳細がご覧いただけます。

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎