第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

大会9日目再試合、第1試合の結果とこれからの展望

 

 

大会28日目・3月9日

 

 

第1試合

(再試合)

福岡大大濠(6-3:創志学園、1-1:滋賀学園)対 滋賀学園(6-2:東海大市原望洋、1-1:福岡大大濠)

3-1で福岡大大濠の勝利と予想。

 

福岡大大濠1、2回戦成績

 

滋賀学園1、2回戦成績

 

青字をクリックすると予想結果の詳細がご覧いただけます。

 

結果

先攻:滋賀学園)光本、宮城、棚原-後藤

後攻:福岡大大濠)三浦-古賀

▽本塁打:古賀(福)

▽三塁打:中西(滋)

▽二塁打:稲本(福)

▽盗塁:後藤(滋)、田井(滋)

 

試合経過

初回、先頭の滋賀学園1番の後藤に死球を与え、盗塁で1アウト2塁のチャンスから、3番知念のショートゴロがイレギュラーしレフト前へ、ランナー帰って1点先制。

1点を追う福岡大大濠は1アウトから2番平野を四球で出塁させると3番古賀1,2塁間を破るライト前ヒット、4番東センター前に落とすヒット、1アウト満塁で5番稲本が右中間を深々と破る2ベースヒットの3連打で2点を奪い逆転。

2回にも両チーム1点ずつ奪い3-2。

3,4回は両チーム共三者凡退、迎えた5回。先攻の滋賀学園先頭の田井がセンター前ヒットで出塁すると2アウト2塁から2番小浜のレフト前ヒットで田井が帰って同点。3-3。

その裏滋賀学園は投手を光本から宮城へスイッチ。2番平野が四球で出塁。1アウト1塁から3番古賀のレフトスタンドへの2ラン本塁打で勝ち越し5-3。

ここからギアの上がった三浦は1本のヒットも許さず2点を守り5-3。

24イニング、326球を1人で投げきりエース三浦の意地で準々決勝進出。

 

まとめ&展望

エース三浦は196球の熱戦の後中1日で更に9回130球を1人で投げ切った。球速こそ130km/hそこそこと本来の姿はなかったが、それでも強打の滋賀学園を24イニング4失点で抑える投球術は流石である。

滋賀学園はエース神村の他に次々と好投手を繰り出してくる選手層の厚さには目を見張るモノがあった。

総合力で言えば優勝候補だったはずの滋賀学園、2回戦で敗れてはいったが夏が非常に楽しみなチームだ。

準々決勝は28日第2試合 対報徳学園。

予想は6-2で福岡大大濠の勝利。

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎