第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

大会9日目・3月27日

 

 

大会9日目・第2試合を地方大会の成績と共に徹底予想

 

 

前橋育英(群馬)対福岡大大濠(福岡)

 

勝敗予想

故障によりエース不在の中、理想的な勝ち方でベスト8まで進んだ前橋育英は先発の皆川、1番で救援にも丸山の大活躍が光る。対する福岡大大濠は2試合とも1-0と苦しい試合をモノにしてきた。エース三浦の2試合完封が注目を集め、この試合も0更新を期待するファンで球場は埋め尽くされる。

まず前橋育英の先発はこの日も皆川。連投の疲れか、初回から球が上ずる。ストライクカウント先行させたいが為にコースが甘くなり先頭の久保田をヒットで出塁させる。1アウト2塁で打席には古賀、甘く入った高めのスライダーを左中間スタンドへ運ばれ先制2ラン。

4回にも2点追加され4-0。ここで早くも丸山を投入。後続を打ち取ってピンチを切り抜ける。

一方、三浦は相変わらずの快投ぶり。しなやかな身体からムチの様な腕がしなり三振の山を築く。

7回終わって13三振と前橋育英打線を全く寄せ付けない。終盤、更に加点した福岡大大濠は8-0 と大量リード。三浦は最後までマウンドを守り被安打3、奪三振18の無四球完封。無失点記録を27回と伸ばしゲームセット。

8-0で福岡大大濠の勝利。

 

チームデータ前橋育英

3-1:中村、4-1:報徳学園

特徴:前橋育英、自慢の140km/hトリオは先発、MAX142km/hの快速球を誇る右腕・吉沢、(故障によりメンバー外)中継ぎエースの左腕・丸山もMAX143km/h。関東大会3試合全てにリリーフで15イニング無失点。共にスライダーとチェンジアップの変化球を持つ。今回関東大会での登板はなかったが、3番手の皆川もMAX142km/hの直球を持つ。

打線の方も中心は50m 5秒9の快足を誇る1番の丸山と、初戦で2ラン、準々決勝で貴重な2点二塁打を放った3番戸部魁斗。クリーンナップを組む戸部、飯島大夢、皆川喬涼の右打線には重量感がある。

 

総合27位

打率.300(12位タイ)、出塁率.340(23位)、盗塁率0.00%(28位タイ)、防御率 4.333(27位) 、平均得点4,00(24位タイ)

 

 

チームデータ福岡大大濠

1-0:創志学園、1-0:東海大市原望洋

 

注目選手

三浦銀二

MAX144km/h常時130km/h中盤〜140km/h前半の直球で内外ボール1個分の出し入れができるコントロールが持ち味。120km/h〜110km/h台のキレのいい横滑りするスライダーと、100km/hを切るブレーキの効いたカーブはどれも空振りの取れる一級品。

投手ランキングでは、完封数1位、防御率15位、奪三振数2位を獲得。

奪三振数182個は静岡・池谷蒼大の183個に続いて堂々の第2位。防御率こそ2.14と第15位だが、打ち込まれたのは神宮大会の早実戦のみ。九州大会では3試合連続完封を披露するなど完封数9試合は2位以下を大きく突き放した。完成度で言えば高校生No.1の呼び声高い、右のDr.K。

古賀悠斗

高校通算41本塁打。遠投115m。50m6秒4。

2年秋に捕手へ転向した強肩強打の2017年ドラフト候補。
総合21位

打率.261(25位)、出塁率.346(21位)、盗塁率4.17%(20位タイ)、防御率1.50(1位)、平均得点3,83(27位)

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎