第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

大会9日目・3月27日

 

 

大会9日目・第1試合を地方大会の成績と共に徹底予想

 

 

履正社(大阪)対 盛岡大付属(岩手)

 

勝敗予想

試合ごとに調査を上げて来るエース竹田の安定感でリズムを作り、注目のスラッガー安田にも一発が出た2回戦を勝ち上がり投打ともに充実している履正社。

対する盛岡大付属付属も1回戦、2回戦共に猛打炸裂。投手陣も安定の勝ちリレーを披露する。

絶対的エース対分業制エースの一戦。

履正社のマウンドはもちろんエース竹田。中2日での登板で3試合目。だいぶ腕も振れてきたのか、初回から140km/h代のストレートで押し続ける。盛岡大付属打線も捉えられていないわけではないが強い当たりもバックの正面に飛ぶなど中々チャンスが作れない。

一方、盛岡大付属先発は甲子園経験のある三浦。履正社打線に臆せずコーナーを丁寧に突き打ち取っていく。

盛岡大付属は4回表に先頭の若林にレフトスタンド中段に運ばれる先制ソロを浴びるがその後は自分の投球で履正社打線をキッチリ打ち取って6回を投げ1打点で7回から平松に託す。

履正社先発竹田は、快速球の中に新球「フロントドア」を交えてイニングごとに打たせてとったり、三振を奪いにいったりリズムを変えて盛岡大付属打線を0封していく。

8回表に平松は履正社打線に捕まる。1番石田から作ったチャンスをまたも4番若林が単打で返して1点追加。後続も続きこの回3得点。4-0とする。

その裏履正社竹田から1点は返すも反撃はここまで。

エース竹田の1失点完投でゲームセット。

4-1で履正社の勝利。

 

 

チームデータ履正社

 

初戦2-1:日大三、2回戦4-1:市呉

投手:オーバーハンドの右腕・竹田が1枚看板でマウンドを守る。ストレートとスライダーのキレには高い定評があり、神宮大会で最速145km/hをマーク

打線:高校通算44本塁打の3番・安田尚憲。4番キャプテン若林を筆頭に近畿大会は4試合で29得点、神宮大会も4試合で28得点と1試合平均7得点以上。近畿大会、神宮大会共に決勝戦での大量得点が目立つぐらい、特に大舞台になるとその重量打線が開花する。

見所:投打のバランスがかなり高い水準にある履正社。チームとしての完成度は32校中NO.1。特に重圧感のある打線は対する投手の神経をすり減らす。エースの竹田も神宮大会制覇で全国の的となったが、そこを乗り越えられるかが優勝への鍵。

 

総合10位

打率.298(15位)、出塁率.392(11位)、盗塁率0.98%(27位)、防御率2.40(9位)、平均得点7(6位)

 

 

チームデータ盛岡大付属

 

 初戦7-0:高岡商、2回戦4-2:智辯学園

特徴:三浦と平松のダブルエースで東北大会を勝ち進んだ。特に平松は東北大会4試合で自責点5と抜群の安定感があり、三浦は最速144km/h。変化球はスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップを操る。

打線に関しては、高校通算36本塁打の1番植田、3番比嘉の甲子園ボーイが主体にけん引。更に盗塁の数も増えて猛打に機動力が加わった。

 

総合11位タイ

打率.300(12位タイ)、出塁率.368(17位)、盗塁率12.28%(3位)、防御率4.00(24位)、平均得点5.25(15位)

 

 

 

 

第89回選抜高校野球 速報

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎